HSインタビュー vol.7-2: 経営者(PR・メディア)島村 美緒さん「目の前のことを一生懸命やることで、すべてが繋がっていく(後編)」

HSインタビュー第7回目のゲストは、経営者(PR・メディア)島村 美緒さん
Heading Southは、「Wardrobe designed to “move” you. 『動き出す』あなたのそばに、『感動』のいつもそばに」をブランドステートメントに、ありたい自分に向かってチャレンジする人々に寄り添い、応援する存在でいたいと願っています。Heading Southが理想とする女性像「ありたい自分に向かって、しなやかに生きるひと」にクローズアップする「HSインタビュー」の第7回のゲストは、島村 美緒さんです。


ハリー・ウィンストンの国内知名度を飛躍的に向上させた立役者
島村さんは、ラグジュアリーブランドにおけるPR・マーケティング領域のプロフェッショナル。外資系PR代理店、広告代理店でのキャリアを経て、32歳のときに米ウォルト・ディズニー・パーク&リゾートのコミュニケーション・マネジャーに就任し、日本向けメディア露出の向上に尽力されます。

そして、ディズニー生誕100周年のイベントでの仕掛けたPRの成功をきっかけに、NYの高級宝石商ハリー・ウィンストンからお声が掛かり、2002年に同社マーケティング・ディレクターとしてご転職。以降、8年にわたり、日本におけるハリー・ウィンストンのブランドイメージの向上とともに、富裕層マーケットにおけるビジネス拡大をPR・マーケティングの領域で貢献されます。

その後、ティファニー&Co.のマーケティング&PRグループ・ディレクターを経て、2013年に独立。株式会社ルッソを設立し、外資系ラグジュアリーブランドでのご経験と幅広いネットワークを活かし、コミュニケーション・コンサルタントとしてご活躍されています。

さらに、2017年には、日本が誇るものづくりのストーリーを4か国語で紹介するオンラインメディア、『プレミアムジャパン』の事業権を取得され、現在は、同オンラインメディアの代表兼発行人として、企画・編集・営業の統括もされています。


ご経歴をお伺いするだけで、思わずテンションが上がってしまうような華やかな世界の第一線でご活躍されている島村さんですが、意外にも、女子大を出たら実家に帰って結婚するつもりで、キャリアウーマンになるつもりは一切なかったそう。

一方で、お話をお伺いすると、ご転職はスカウトや引き抜きによるものがほとんど。仕事の能力が高いのはもちろんのこと、お話の端々から、ご縁を大切にされる姿勢や、相手を包み込む大きな愛情が伝わってきて、一緒に働いた方の心をがっちり掴むお人柄を窺うことができました。

後編となる今回は、独立を機に
立ち上げられたPR事業で現在注力されていることや、『プレミアムジャパン』取得の背景、また、島村さんが、お仕事を通じて大切にされていることなどについて、お伺いいたしました。

=====================================
HS: 子育てが少し落ち着いたのち、お仕事に復帰されたのですね?

島村さん: はい。子供がいるので自分で裁量をもって仕事できる方が良いと考えていたところに、ブルガリ レストラン東京・大阪さんとブライダルのハツコエンドウさんからお仕事をいただき、2013年に株式会社ルッソを立ち上げました。

ハリー・ウィンストン時代に銀座通りに出店しているラグジュアリーブランドが組織するギンザ・インターナショナル・ラグジュアリー・コミッティー(GILC)という委員会の幹事を5年間務めていたのですが、両社ともに、その時にお世話になったご縁がきっかけです。


HS: さすが、錚々たるブランドがクライアントでいらっしゃいますね。ルッソでは、引き続きラグジュアリーブランドのPR・マーケティングをされているのですか?

島村さんアップビジネスの話題からプライベートまで、率直にお話しくださり、大変楽しい時間となりました!

大手ではできない、独自の軸を持ったPRを展開したい
島村さん:
やはり繋がりが深いので、富裕層向けのお仕事がメインですね。また、コロナ禍もあり、今、特に注力しているのが、若手トップシェフ達のプロデュースです。

『アジアのベストレストラン50』や、日本酒『長谷川栄雅』のPRも担当させていただいているほか、文化人として、美食評論家でトップシェフ達との強いネットワークのある中村孝則氏のマネジメントも担当させていただいているので、それぞれの強みをうまく絡めながら、相乗効果を出せる取り組みを行っています。

例えば、『長谷川栄雅』は、姫路にある創業350年超の老舗蔵元であるヤヱガキ酒造が、究極の日本酒体験を提供したいとの思いから六本木に店舗を構えていますが、話題性のある旬のトップシェフに日本酒に合うアテを3ヶ月おきに考案してもらい、それを影響力のあるメディアにしっかりと伝えていただく、というような感じですね。

また、ブランディングもしっかりやります。普通にPRをやっても規模で大手には敵わないですし、また、無闇に規模を拡大しようとも思っていませんので、うちにしかできないPRを展開していきたいと思っています。


HS: 戦略にしっかりと軸が通っていて、素晴らしいですね。ところで、島村さんは、オンラインメディア、『プレミアムジャパン』の運営もされていらっしゃるんですよね?

『プレミアムジャパン』の事業権を取得
島村さん:
はい。『プレミアムジャパン』は、元々PR事業のクライアントだったんです。当時の運営会社が事業を手放すことを検討していて、承継先を一緒に探していたのですが、私自身が同メディアに興味を抱いていたこともあり、2017年に事業権を買い取りました。

その後、2019年に国内最大手のクリエイティブカンパニーである株式会社アマナより出資を受け、日本のものづくりのストーリーを紹介するオンラインメディアとして、国内外の読者へ向けて、日本語、英語、簡体字、繁体字の4ヶ国語で発信しています。


HS: メディアを買収されたのですね?!
どの辺に興味をお持ちになられたのですか?

日本人に日本のことをちゃんと知ってもらいたい
島村さん:
 『プレミアムジャパン』の事業権を取得した最大の理由は、日本人に日本のことをちゃんと知ってもらいたいと思っていたからです。実は、ディズニーの仕事でフロリダに滞在していた時に、現地の方々から日本のことを色々聞かれても、あまりきちんと答えられなかったんですよ。

日本には、伝統工芸とか、伝統技術とか、素晴らしい文化がたくさんあるのに、知らないことが案外多い。日本人として生まれてきたからには、まずは、日本人にそれらを知って欲しいと思っています。また、家業が日本の伝統的なカルチャースクールを運営していたことも、自分の心が動いた大きな要因だったと思います。


HS: 私も、大学時代に米国にいた際に同じような経験をし、日本を深く知りたいと思いましたので、そのお気持ち、とても共感します。それにしても、素晴らしい志ですね!感銘を受けました。

島村さん: プレミアムジャパン』は自分にとっては子供みたいなものですね。メディアを自分で手掛けるのは初めての試みですが、PRとメディアは密接に関わるので、メディアの立場の人がどのように動き、考えるかは、よく理解していました。

今は、アマナとも協働しながら、発行人として、記事の監修と営業活動などを担当しています。ルッソとプレミアムジャパンの時間配分としては、半分ずつくらいでしょうか。


HS: ここまでお話をお伺いして、島村さんは常にスカウトや引き抜きでキャリアパスが形成され、その後もご縁が発展して次のお仕事に繋がっていることに気づきました。恐らく、他の方に対しとても秀でている部分があるのだと思うのですが、それは何処にあると自己分析されていますか?

「率直さ」が信条
島村さん:
うーん、秀でているか分かりませんが、先ず、率直ですね。特に自分でビジネスを始めてからは、思ったことは何でもはっきり言うようになりました。会社員の時は周囲への忖度で言えずにいましたが(笑)。今はそれが良いと言ってくださる方と、一緒に仕事をしていますね。

自分がどう思われているとかあまり考えたことはないですが、何故か、若い頃から「島村さんは威張ってるのが似合う」と言われます(笑)。「そんなのダメじゃない?」って一喝すると、周りの人が喜んでくれるというか(笑)。あと、ご縁は大切にしています。


HS: なるほど(笑)!忖度なく物事を伝えられることの価値は大きいと、私も信じています。

次に、座右の銘がございましたら、教えてください。


島村さん: 「一期一会」も大切にしていますが、ひとつ挙げるとしたら、”nothing to lose(失うものは何もない(だからチャレンジしよう))”でしょうか。

ディズニーのハリー・ウィンストンとのコラボレーションは、ディズニーとしては、まさに、”nothing to lose”だったんですよね。勇気を持って本社に提案してみたら、結果的に世界中のメディアに露出することができました。ハリー・ウィンストンに入社が決まったときも、「あれを仕掛けた人ね」と皆が認識してくれていたので、やりやすかったです。


HS: まさにそれを体現された、島村さんならではの座右の銘ですね!

最後に、チャレンジしたいけど踏み出せない人、何をやりたいか分からず模索中の方に、アドバイスやメッセージをお願いします。


先ずは、目の前のことを、あれこれ考えずに一生懸命やること
島村さん:
よく思うことですが、やりたいことがないというのは贅沢病だと思うんです。それを言うなら、先ずは目の前にあることを、あれこれ考えずに一生懸命やること。

何をやりたいかを探す人はいますが、でも、それは大抵目の前にあるんじゃないかと思います。私はこれまで最終的に何を目指したいのか、あまり考えたことがないんです。ただ、目の前にあること、目の前にいる人たちを繋げて、ビジネスにしてきただけ。

トップシェフのPRもプレミアムジャパンの取得も、全ては出逢い。アマナのプレミアムジャパンの参画だって、プレミアムジャパンでの同社社長インタビューがきっかけなのです。でも、一緒に組ませてもらうことになって、広がりが出てきました。そうやって、ものごとは発展していくのかなと思います。


HS: おっしゃる通りですね!共感いたします。今日は、個人的にもとても興味のある分野において、色々とお話をお伺いできて、とても楽しかったです!本当に貴重なお時間をいただきありがとうございました!

二人立ちインタビューを通じて、自身を振り返るきっかけとなる良い気付きもいただきました!

―――――――――――――――――――――――

【プロフィール】
島村 美緒

茶道や着付けなど日本の伝統文化を教える学校法人の家庭に生まれ、外資系PR代理店、広告代理店を経て、1998年よりウォルト・ディズニー・パーク&リゾートのコミュニケーション・マネジャーとして米ディズニー・リゾートの日本でのメディア露出に貢献。2002-2010年にはNYの高級宝石商ハリー・ウィンストンのマーケティング・ディレクターとして、コミュニケーション活動を統括し、ブランドイメージの向上と共に、富裕層マーケットにおけるビジネスの拡大に寄与した。2012年にティファニー&Co.のマーケティング&PRグループ・ディレクターに就任。2013年にコミュニケーション・コンサルタント、株式会社ルッソを設立。外資系ラグジュアリーブランドでの経験と幅広いネットワークを生かし、さまざまな企業へのコンサルティング業務を行っている。2017年には、日本のプレミアムな情報を発信するオンラインメディア「プレミアムジャパン」の事業権を獲得し、翌年株式会社プレミアムジャパンを設立。2019年に、国内最大手位のクリエイティブカンパニーである株式会社アマナと業務提携し、本格的にメディア事業に参入。