HSインタビュー vol.14−2: 藤田 美樹さん(経営者/弁護士)「負けず嫌いと大義をやり抜く力に変える(後編)」

第14回目のゲストは、経営者/弁護士 藤田 美樹さん

Heading Southは、ありたい自分に向かってチャレンジするひとに寄り添い、応援したいとの思いを軸に活動をしています。

自分らしさを大切に、強く美しくしなやかにチャレンジする人々の気持ちを後押しし、そんな素敵なひとが増えることを願ってお届けする「HSインタビュー」の第14回のゲストは、藤田 美樹さんです。

弁護士から、大義を果たすため起業家へ

藤田さんは、リーガルテック業界のベンチャー(新興企業)経営者。リーガルテックとは、法務(リーガル)とテクノロジー(テック)を組み合わせた造語。従前は、弁護士を中心に人を介して行われていた法務業務ですが、AI(人工知能)をはじめとするテクノロジーを活用することで、コストを下げたり、効率化に繋げることが可能となります。藤田さんは、より安価で便利にアクセスできるサービスを開発・提供することを通じて、法務業界の革新にチャレンジされています。

そして、藤田さんご自身も、弁護士のご出身。東大法学部を卒業し、四大法律事務所でパートナー弁護士まで昇り詰めた実力の持ち主。弁護士であれば誰もが憧れる地位を捨ててまで起業されたのは、大手事務所に所属していたときに、費用面で折り合いがつかず困っている中小企業に関われなかった思いから。

そこには、安価で便利なサービスを開発し世の中に普及させることで、多くの企業間紛争をなくし、争いごとによる負の感情を世の中から減らしたいという大義がありました。

後編では、4人のお子さんの子育てや仕事との両立のヒントなどもお伺いしました

プライベートでは、4人のお子さんを育てる母親でもある藤田さん。なかなかお目に掛かれないような素晴らしいご経歴の傍らで4人の子育てまでこなされるなんて、一体どんなバリバリのキャリアウーマンなんだろう?と、恐る恐る(笑)お会いしたら、物腰の柔らかい可愛らしい女性で、良い意味で予想を裏切られました。

とても前向きで自然体、苦労話を苦労と感じさせない楽観的な思考と、ご本人も認める負けず嫌いがゆえの、芯の強さを感じました。大義を背景に新しい事業に挑戦される姿勢も、女性らしい愛に満ちた素敵な方だと思いました。

控えめで、静かな佇まいであるからこそ、仕事と子育ての両立や、仕事に対する考え方は、様々なお仕事をされる女性にとっても、参考になる点は多いのではないかと思います。

後編となる今回は、藤田さんが現在チャレンジされる事業のお話や、4人のお子さんの子育てについて、お仕事と子育ての両立のヒントなどについてお伺いいたしました。

是非お楽しみいただけましたら嬉しく思います。

とにかくサービスを広めて行くことが自分のライフワーク、と藤田さん

==================================
廣田: 今、藤田さんが代表を務める株式会社リセでは、和文・英文契約書の作成支援や、契約書をAIで瞬時にチェックを行うLeCHECK(リチェック)と、法律文書の翻訳を瞬時に行うLeTRANSLATE(リトランスレート)のふたつのサービスを展開されていますよね。

和文の契約書チェックだと、年間500件までの契約書のレビューが月額2万円の業界最低価格で受けられるってすごいことですね。私も何かとリーガルチェック(弁護士による契約書の法務確認)を受ける機会はありますが、通常は、契約書ひとつで数万円取られますし、顧問契約する場合はもっと月額費用が掛かりますからね。

リスクを抑えたい気持ちがある一方で、万が一の為にここまで払えないと、素人のくせに自分でチェックしがちなので、中小企業にはとても良いサービスだなと思いました。

法務のプロが不在の中小企業へ向けて、業界最低価格でリスクを分かり易く指摘

藤田さん: ありがとうございます。当社はもともとの理念から、法務の専門知識が組織内にあまりないような50〜1,000名くらいの従業員規模の企業に使っていただくことを想定して設計しています。チェックをする企業の担当者も法務のプロではないので、細かい指摘は寧ろ不要で、本当にリスクの高いところだけ分かり易く指摘するサービスにしています。

契約書のレビューをAIで行うためには、様々な場面においての弁護士の知見を教師データ的に入れていく必要があるのですが、当社では、私の弁護士時代のコネクションを活用し、業界の高名な先生方にもご協力をいただいています。

廣田: さすが素晴らしいバックグラウンドをお持ちの藤田さんならではですね。そのような優れた知識を内包したサービスをそんな安価で活用できるとは、素晴らしいですね!

他方、リーガルテックは、成長分野でもありますから、藤田さんのように大義を持って起業されている方もいらっしゃれば、表現が悪いかもしれませんが、株式上場してお金儲けしたいという方々など、色々な方が参入されて、競合も多く大変なことはないですか?

いい商品を作れた方が勝ち。大きな理念があるから商品力が強くなると信じ、皆で力を合わす

藤田さん: そうですね、リーガルテックは、専門領域がある程度細分化されてはいますが、もちろん直接競合する企業も何社かあります。

正直、ベンチャーに携わる方全てが大義で起業しているわけじゃないと思います。また、会社を大きくしたい、株式上場して儲けたいと思う人の方が、時にものすごいパワーを持っていることもあると思います。

ただ、動機は何であれ、やはりいい商品を作れた人が勝ちだと私は思うんです。

先ずはこういう商品があるということを知っていただく必要があるので、マーケティングにも工夫は必要だとは思いますが、そうは言っても、なによりも商品力が大事。大きな理念を持っているからこそ、商品力が強くなるということを信じて、うちではみんなで力を合わせてやっています。

商品を良くしたいアイディアはたくさんありますが、マンパワーが限られているので、いっぱいやりたいことはあるのに順番にしかできないことが今の一番のジレンマですね。

廣田: なるほど。本当にその通りだと思います。そして、ここにも藤田さんの負けず嫌いがとても良い形で現れていらっしゃいますね(笑)!

弁護士時代、静かな法廷でヒールがコツコツと響く音を聴きながら尋問するのが好きだったと藤田さん。「心が落ち着くんですよね」


末っ子は双子ちゃん。1歳半のとき起業を決意

廣田: さて、藤田さんは、お子さんが4人いらっしゃいますね。

藤田さん: はい。今、上から19歳、11歳、そして、4歳の双子がいます。双子は40歳を過ぎてからの子供だったんです。主人とは「欲しいね」って以前から話していたのですが、もう年齢的に難しいかなと思っていたところに妊娠しまして、さらに双子だったので驚きましたね。そして、双子が1歳半のときに、起業を決めました。

廣田: なんと、4人のお子さん、しかも末っ子の双子ちゃんが1歳半で起業を決められるなんて、すごいです。頭が下がりますね。

これだけハードなお仕事と子育てを一体どうやって両立されているのか、とても興味があります。特に40歳を過ぎてからの双子の子育てって、聞くからに大変そうで……。

藤田さん: 双子を産んだときは、上の二人は年齢が離れていますので、手伝ってくれるかなぁと少し期待しました。実際はそれほどは手伝ってはくれませんでしたけれども(笑)、もう手が掛かるという感じではなかったのが幸いでした。

ただ、双子は想像を絶するくらい大変でしたね。

廣田: そのお話、是非詳しくお聞かせください!

職場復帰日の同期とのランチで、思わず涙が…

藤田さん: まず、夜は交互に泣いて、一緒には泣いてくれないんですよね(笑)。どうやっても1時間でどちらかに起こされるんです。出産後、はじめの3ヶ月は、1時間寝て、1時間半起きてみたいな、細切れの1時間の睡眠を3-4回なんとか確保して朝を迎える、みたいな感じでした。

本当に寝不足で頭が動かず、前日の晩ご飯の内容をどれだけ真剣に考えても思い出せない。もう普通じゃない感じです(笑)。だんだん楽にはなるものの、1年くらいは1時間半以上連続して寝られることはなかったですね。

双子のときは4ヶ月で職場復帰しましたが、保育園に行ってくれたら、本当に楽で天国でした(笑)!

今でも覚えていますが、職場復帰した日に同期がランチに誘ってくれて、座ってご飯を食べていたら、涙が出てきて……。「座ってランチが食べられる!人と会話ができる!」みたいな(笑)。

廣田: うわー、壮絶なお話だなぁ。心から尊敬します!

とても気さくな藤田さん。お陰様でとても楽しい時間となりました


自分でなくてもできることはアウトソースする割り切りが必要

廣田: 子育て以外の家事はどうされていらっしゃるんですか?

藤田さん: お恥ずかしいんですけど、家事全般は全てアウトソースですね(笑)。

廣田: いやいや、全く恥ずかしくないですよ。

内閣府の調査結果によると、日本人女性の6割以上が自身の家事・育児負担を減らすためにベビーシッターや家事代行サービスを使うことに抵抗があると。恐らく、「女性は家事・育児を全うすべき」という既成概念からの罪悪感が要因ではないかと思うのですが、だからといって根を詰めてたら長くは続かないし、このマインドが大勢を占める限りは、本当の意味での女性の仕事と家庭の両立って無理だと思うんですよね。

アメリカでは、合理的に考えて、自分がやらなくてもいいことは積極的にアウトソースしますが、そのような割り切りはある程度必要だと私は思っています。

藤田さん: ありがとうございます(笑)。お掃除やお洗濯は基本ヘルパーさんに来ていただいています。お食事は、色々なサービスを試し続けてますね。以前は、週に2-3回は作りに来ていただき、作り置きをお願いしていたのですが、最近は、それに加えて、作り置きの主菜、副菜を毎週届けていただくサービスを併用しています。

後者のサービスは子供がいる共働き夫婦向けのサービスなんですね。もう毎週のことなので、メニューを選ぶのも面倒なんですが、そのサービスはメニューを選ぶ必要もなくて、放っておくと、勝手に毎週届くんです。「ターゲティングって大事(笑)!」って思いましたね。

廣田: なるほど(笑)!確かに、高齢の方だと色々と選べた方がいいかもしれませんが、共働きでお子さんのいらっしゃるご家庭にはその方が便利ですね。

ところで、日本でアウトソースのサービスが普及しづらいのは、外にお願いするのに抵抗がある奥様と、できれば外に出して欲しくないというご主人の双方に課題があるように言われますが、藤田さんのご主人は、そのあたりへのご理解が深くていらっしゃるんですね?

夫婦円満は、適度な距離感から

藤田さん: はい。うちは完全に対等な共働きなので、それをやるなと言ったら自分がやらされるだけですからね(笑)。だから何も言わないですね。

廣田: なるほど(笑)!それにしても、藤田さんはお話を伺うかぎり、ご家族の仲がとても良さそうですね!夫婦円満の秘訣はなんでしょうか?

藤田さん: 正直、これというものはないんですよ(笑)。ただ、昔から互いに忙し過ぎてあまり会わないんですよね。

コロナ前は主人も週2-3回は夜の接待があり、私も起業後は何かと外に出ることが多くて、そうなると夜時間の奪い合いになるんです(笑)。子供たちがいるから、どちらかは夜には自宅に居る必要がありますので。そうなると、平日はまず会わないし、週末は主人も私もどちらかの日は仕事をしたいので、結果として、あまり一緒には居られないんですよ。

廣田: あー、なるほど。その距離感が円満の秘訣ですか!

藤田さん: そうですね。あんまり揉めるほど一緒に居られないですからね(笑)。家族で旅行に行ったときなども、喧嘩にはならないですね。

女性起業家がもっと増えて欲しいと藤田さん。「女性起業家は、化粧品や服飾などの分野では多く見掛けるものの、もっとニュートラルな分野にも増えて欲しい」


子供がいても諦めないで、夢や希望を追って欲しい

廣田: 藤田さんは、チャレンジングなお仕事と子育てや家庭の両立を、しなやかにされているなぁと感銘しています。そこで、子育てしながら、女性がビジネスのプロフェッショナルとして活躍するために、必要な覚悟やお仕事への取り組み方など、是非アドバイスやメッセージを頂けますか?

藤田さん: 難しい問題ですよね。正解もないでしょうし、私自身も何が正解かは分かりませんが、ただ、子供がいても諦めないで、夢や希望を追って欲しい。それに尽きますね。

一時的に子育てで時短になることはありますが、そのときにベストな選択をすることで、工夫次第で仕事に打ち込める時間を取れるタイミングが、必ず来ます。

私自身、第二子を産んだ後に、気持ちを切り替えたんです。それまではパートナー弁護士を目指すことはあまり念頭にはなかったのですが、人よりは遅れるかもしれないけど、同じことができるわけだから、それを目指さないのは逃げですし、何より自分で案件を統括する立場になりたいと思いました。

「遅れたって、今から同じように頑張ればいいじゃない。長い人生で2年も3年もさして変わらないよね」と。

それを思えたときに、明確にパートナーを目指そうと思ったんです。そして、第二子出産後に戻ってきてから、無事、パートナーになることもできました。

廣田: 素晴らしいですね!

藤田さんがやり続けることができるのは、負けず嫌いなご性格だけでなく、明確に貫きたいパッション(情熱)がありますよね?その源泉について教えていただけますか?

お客様を勝たせたい思い、争いによる負の感情を減らしたい思いがパッションの源泉に

藤田さん: 仕事は好きですね。弁護士時代は、案件ごとに勝ちたいと思う気持ちがパッションの源泉になっていました。特に思い入れのある案件は勝ちたいと思うし、勝つためにはどうしたら一番有利になるかを必死に考えます。

例えば、訴訟になると、百科事典3冊分くらいの厚さのメールの内容をプリントアウトした束が送られてきて、弁護士はそれを確認して、証拠を探す作業がある場合があります。

普通に考えるとかなり骨の折れる作業ではありますが、「この中に、宝があるかもしれない!すごくいい証拠が出てくるかもしれない!」と思えば、モチベーションは保てますね(笑)。

廣田: その発想の転換、すごいなぁ(笑)。でも、お客様を勝たせたいというお気持ちがパワーになっていらっしゃるんですね!

藤田さん: はい、そうですね。そして、起業をしてからは、やはり、このサービスを通じて、世の中の企業間紛争を少なくしたいという思いでしょうか。

廣田: なるほど。素晴らしいですね。

控えめで静かな佇まいの藤田さんから、みなぎるパワーを感じました!


やって後悔するよりも、やらないで後悔することの方が多い

廣田: Heading Southは、ありたい自分に向かってチャレンジする人を応援することを存在意義として活動しております。藤田さんのようにチャレンジしたいけれど、踏み出せない人、何をやりたいか分からず模索中の方への、アドバイスやメッセージをお願いします。

藤田さん: ありきたりかもしれませんが、やって後悔するよりも、やらないで後悔することの方が多いと思うんです。私も、今のチャレンジがどうなるかは分かりませんが、別に失敗したら他のことをやればいいんだと思っています。

廣田: いいお考えですね!日本では、周りの目を気にする文化もあって、依然として失敗することのハードルが高いように感じることが多いのですが、藤田さんのダメなら次にチャレンジしたらいいじゃないっていうお考えは、昔からですか?

藤田さん: いや、負けず嫌いだから、負けるのは嫌いですよ(笑)。でも、試験はやれば受かるものだし、これまでのチャレンジは、その点では見えていたものでした。一方、起業は成功確度が相当に低いものだし、先が見えないから、より自分にそれを言い聞かせたかもしれませんね。

廣田: ただ、仮にチャレンジしてダメだったとしても、そこから学ぶもの、得られるものは本当に大きいですし、それはチャレンジした人にしか分からないように私は思います。そうやって、その経験が自分の血肉になると信じることができたら、きっとチャレンジのハードルも下がりますよね!

今日は本当に素敵なお話をありがとうございました!




―――――――――――――――――――――
【プロフィール】

藤田 美樹(ふじた みき)
株式会社リセ 代表取締役社長、弁護士(日本・NY州)

東京大学法学部卒業、Duke大学ロースクール卒業(LLM)、司法試験合格、司法修習を経て、2001年西村総合法律事務所(現西村あさひ法律事務所)入所。
米国留学、NY州法律事務所勤務を経て2013年パートナー就任。 2018年退所、株式会社リセ設立。