About us

私たちについて

Heading Southは2020年4月に誕生しました。


ありたい自分に向かって
チャレンジするひとを応援したい


Heading Southは、ありたい自分に向かってチャレンジするひとに寄り添い、応援したいとの思いを軸に活動をしています。

「女性は、美しく、心地よく、気分を高揚させられるものを身につけてこそ、自分らしく力を発揮できる」との信念をもとに、チャレンジする女性の一歩を支えるためのシューズ、【The Soft Pump [ザ・ソフト・パンプ] イタリアでつくる、素足でも痛くないパンプス】と、自分らしさを大切に、強く美しくしなやかにチャレンジする人々の気持ちを後押しし、そんな素敵なひとが増えることを願って、HSインタビューを展開しています。

「自分の可能性を信じ、自分の力を発揮できる女性が増えて欲しい。そして、自分の人生を自らの手で選択できる女性が増えて欲しい」との思いから、当ブランドを立ち上げています。展開する商品や活動を通じて、その思いを届け、少しでも皆さんの背中を押すきっかけを作ることができたらと願っております。

当ブランドは、2020年4月、立ち上げを予定していた3日前に新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発出され、店舗が開店できず、予定していた広報イベントなども全て中止になるなど、とても厳しい船出を余儀なくされました。

長引くコロナ禍で、あまりの逆風に自分を信じることができなくなり、もう無理かもしれないと限界を感じることもありました。ただ、自分を信じることの大切さや、自分の持つ力を信じて欲しいとの願いを私自身が体現することで伝えたいとの思いが、諦めずに踏ん張る力を与えてくれました。

2024年、次の新しいチャレンジに踏み出したいと思います。
これまで女性活躍を応援したいという強い思いを持ちながら、その一方で「私なんかがそんな役割を担えるのだろうか?」との思いから、なかなか一歩前に踏み出すことができませんでしたが、強い思いを持つ者がやれば良いのだと、覚悟を決めました。

今後は、ご利用くださるお客様が自分らしく力を発揮することを後押しできるような商品の展開はもちろんのこと、女性活躍支援と自分らしくチャレンジするために不可欠な自己肯定感を高めることの重要性を発信しながら、次世代女性リーダーの育成支援に携わりたいと考えております。新しい気づきを得られたり、前向きな気持ちになれるような情報をお届けできるよう、研鑽に励んでまいりたいと思います。

今、日本は、これまでの「こうあるべき」という画一的な考え方の限界を迎え、「自分らしく主体的に生きていい」という価値観への大きな転換点に差し掛かっていると感じています。

人生100年時代といわれる中で、終身雇用制度が実質崩壊し、どんなキャリア、人生を過ごしたいのかをより主体的に考える必要が出てきました。また、これは個人だけでなく、経済や社会においても同様です。VUCAといわれる不確実で複雑な世の中となり、これまでのような画一的な考えだと、なかなか成長の突破口を見出せなくなる中で、多様な意見や知見を融合させて新しい発想を生み出していく必要が出てきました。企業では、人的資本経営を推進していますが、そうやって自ら考え行動できる自律型人材が求められるようになってきています。

「周りがこうしているから」ではなく、自分と向き合い、自分で考え、自らが決めて自分の人生を切り拓いていくことで、人は幸福感を感じるものだと信じています。そして、一人ひとりが自分らしく力を発揮することが、大きな活力を生み出し、日本経済そして社会が活性化される原動力になると信じています。

自分らしくチャレンジするひとを応援し、より良い社会を創る一助を担うことができるよう、尽力したいと思います。

2024年1月1日
Heading South 代表 廣田 千晶

--女性活躍を応援するためのYouTubeを始めました!
廣田千晶の女性応援チャンネル

--商品開発と背景にある想いを綴っております。

「女性の活躍を応援したい!元外資系証券アナリストがシューズブランドを立ち上げたその原動力と誕生秘話とは」

About brand

Heading South

ヘディング・サウスの由来について

Heading South [ヘディング・サウス] は「南へ向かう」を意味します。「南」と聞いて連想することは、「旅」「リラックス」「ストレスからの解放」など、ポジティブなイメージではないでしょうか。一方、パンプスというと、「美しいけど無理をして履く」イメージが強いように思います。The Soft Pump [ザ・ソフト・パンプ] 素足でも痛くないパンプスは、パンプスとスニーカーの間の立ち位置を目指しています。ビジネスウェアとカジュアルウェアの境目をなくし、オンでもオフでも使えて、リラックスして、自分らしく力を発揮していただきたいとの願いをブランド名に込めています

About product

The Soft Pump

[ザ・ソフト・パンプ]
イタリアでつくる、素足でも痛くないパンプス

皆さんにとって、理想の靴とはどのようなものでしょうか?

私は、まず快適に歩いたり走ったりできて、痛くなく、自分のパフォーマンスを担保できること。でも、それなりに脚が美しく見えて、高揚感を感じられるものがいい。

目指したのは、歩き易く、でも、脚が綺麗に見える女性らしさを演出する高さのヒール。コーディネートに合わせて選べる、気分が高まる美しいカラーバリエーション。オンでも、オフでも、パンツでも、スカートでも、ベーシックなデザインで合わせやすく、思わず毎日履きたくなってしまう、柔らかく足に馴染む心地よいシューズ。

うっとりする美しいカラーと足なりにぴったり馴染む快適な履き心地は、履くたびに高揚感と自分らしく力を発揮するための自信を与えてくれます。年齢を問わず、自分らしく輝き、ありたい自分に向かって挑戦し続ける、あなたのために

About interview

HS Interview

挑戦する人を応援し、多くの素敵な女性の活躍を願って

自分らしさを大切に、強く美しくしなやかにチャレンジする人々の気持ちを後押しし、そんな素敵なひとが増えることを願い、HS Interviewを展開しています。

気付きや共感が生まれ、素敵な女性がより多く活躍し、組織や社会全体の活性化に貢献できることを願っています。