HSインタビュー vol.4−2: プライベートバンカー/エグゼクティブコーチ 山﨑 直子さん 「なりたい自分を見つけ、自立を導く伴走役が私の使命(後編)」

HSインタビュー第4回目のゲストは、プライベートバンカー/エグゼクティブコーチ 山﨑 直子さん
Heading Southは、「Wardrobe designed to “move” you. 『動き出す』あなたのそばに、『感動』のいつもそばに」をブランドステートメントに、ありたい自分に向かってチャレンジする人々に寄り添い、応援する存在でいたいと願っています。Heading Southが理想とする女性像「ありたい自分に向かって、しなやかに生きるひと」にクローズアップする「HSインタビュー」の第4回のゲストは、プライベートバンカー/エグゼクティブコーチの山﨑 直子さんです。

点と点が線で繋がり、山﨑さんが見えてきた人生の軸とは?
山﨑さんは、富裕層向けに特化した資産管理をはじめとしたアドバイスを行う専門職、プライベートバンカーとして活躍されています。国内系大手信託銀行の一般職からスタートし、その後、プライベートバンカーとして総合職へキャリアシフトした異色の経歴の持ち主。昔からさぞ仕事がお好きだったのではと思いきや、「就職して7年くらいは仕事を腰掛け程度に考えていた」との意外な答えが返ってきました。金融の専門職の中でも、高いコミュニケーション能力と幅広い金融知識が必要とされるプライベートバンカーとしての仕事をこなしながら、出逢ったときに自身のライフワークになると確信したという、エグゼクティブコーチとしての活動も近年スタートされました。さらには、忙しい仕事の合間を縫って、ボランティア活動も精力的にこなし、2012年には年間400時間以上の活動を認められ、「Global Employee Volunteering Award」を個人として受賞されています。プライベートバンカー、コーチ、ボランティア活動を通じて見えてきた、山﨑さんの人生の軸についてお伺いしました。

後編では、ボランティア活動、そして、天職とも仰るコーチングとの出逢いについてお送りします。

―――――――――――――――――――――――
HS: 山﨑さんは、ボランティア活動にも注力されているんですよね?興味を持たれたきっかけは何ですか?

山﨑さん: 母の影響は大きかったですね。母は、まさに無私の人。私たち兄弟が大きくなると、人のために労を惜しまず動き回る人で、母との会話から興味を持ったのが最初のきっかけだったと思います。また、私自身も、自分のためよりもチームや誰かのために頑張れるタイプだと自覚していたこともありますね。

現地の人が自立できる支援を行う、中村 哲さんのお話に感銘を受ける
大学時代に、アフガニスタンで人道支援に取り組んできたNGO「ペシャワール会」の現地代表で、医師の中村哲さんの活動についてのお話を聞く機会がありました。大変残念なことに、先日、狙撃によりお亡くなりになりましたが・・・。上から目線ではなく、現地で困っている人たちの目線に立って支援を考える哲さんの活動に感銘を受けました。例えば、発展途上国では、先進国の最新機器で井戸を作っても、メンテナンスの仕方を知っている現地の人がいないので、結果、すぐに使えなくなり、無駄な投資で終わっている事例が多いのです。哲さんの取り組みは、現地の人々が日々使い続けるためにはどうあるべきかを徹底的に調査し、現地に合った井戸を一緒に作り上げます。そうすれば、自分たちでメンテナンスもできるようになります。現地の人が自立できる支援こそが、社会貢献の真のあるべき姿だと感じたのです。

私が現在働く会社でも熱心にボランティア活動を行っていますが、とてもユニークで、社員が地域のチェンジメーカーになることをサポートするという姿勢で活動しています。また、社会貢献のための部署があるのではなく、予算の稟議を上げるのも社員の役割なのです。皆、通常業務に忙しくしていますが、社会貢献を「他人ごと」ではなく「自分ごと」として捉え、社員の6割がボランティア活動に参加するなど、非常に熱心に活動に取り組んでいます。

HS: 社員の6割が参加されているなんて、すごいですね!今、山﨑さんがボランティアで注力されている領域はありますか?

山﨑さん: 特に近年は、困難な状況にある子どもたちが自己肯定感を高め、自立していくための支援に注力しています。私が社会に訴えたい大きなテーマとして、「何故国は、この国に生まれた子供たちや、縁あってこの国に来てくれた子供たちを、『この子たちは日本の宝』だと言ってくれないのか」ということがあります。

たとえ、親として不適格であったとしても、法律上、子どもたちは親の所有物であることから、子どもたちは、親の許可がなければ何もできないし、自らの意思で親権を外すことは、ほぼ不可能です。そんな子どもたちが大人に依存して生きるのではなく、自分の足で立って、自立して生きることをサポートしたいと思っています。

山﨑さんその3この日のお洋服に006 Giallo Limoneをお選びいただきました!意外に派手にならず、驚かれたそうです

HS: ここでも「自立」が出てくるんですね!

「自立を支援する」という軸が確立する
山﨑さん: そう!プライベートバンカーとしてもお客様の自立をサポートしたいとの思いがあり、また、ボランティアを通じて子供たちと触れ合う中でも、自立をサポートできないかとの思いがあり、自分自身でメソッドを考え、作り始めていた頃に、コーチングの存在を知ったのです。「なーんだ、私が考えていたのと同じもの、もうあったんだ!!」と思いました(笑)。

実は、コーチングは「自立」が重要なんです。コーチは「クライアントは完全な人間であり、自分で答えを出し、決断し、前進する力を備えている」ことを前提にコーチングを行うとしており、そこに共鳴しました。

HS: 仕事やボランティアを通じてご自分がパッションを持って取り組んできたことが、「自立を支援する」という軸で点が線に繋がったんですね!コーチとして既に活動をされていらっしゃるのですよね?

2019年、エグゼクティブコーチとしての活動をスタート
山﨑さん: はい。副業申請をし、2019年にNOKs Labo(ノックス・ラボ)を立ち上げました。プライベートバンカーとして、様々な職業、職種、役割の方の人生に深く寄り添ってきた経験を活かし、社会を良くしようとチャレンジされているエグゼクティブの方々へのコーチを中心に行っています。今は、仕事終わりの平日の夜やボランティア活動のない週末などに行っていますが、天職だと感じている仕事でもあり、将来的には活動を増やしていきたいと思っています。

HS: コーチとしてのご自身の使命とは何でしょうか?

山﨑さん: コーチングを自分で実際にやってみて、自分を知ることがとても面白かったんですね。どのような立場であれ、本当の幸せは自立の先にしかないと考えています。自立ができれば、お金に使われるのではなく、そのお金を使い何かをするという形に変わっていきます。私は先ず、なりたい自分を見つけるお手伝いをすること、そして、
なりたい自分になるチャンスが平等にある社会を作ってくれる人に対し、コーチとして伴走しサポートすることが私の使命だと思っています。それによって、そんな社会に少しでも近づけるお手伝いをしたいと思っています。

HS: 私もチャレンジする人を応援したいとの思いでいつも仕事をしているので、山﨑さんの活動にはとても共感しますし、また、非常に感銘を受けました!そういう山﨑さんだからこそお伺いしたいのですが、チャレンジしたいけど踏み出せない人、何をやりたいか分からず模索中の方へ、メッセージをお願いします。

山﨑さん: 先ずは、自分自身を許してあげて欲しいです。チャレンジしたいけど踏み出せていない自分を許して欲しい。許せないから、どんどんハードルを上げて、さらに踏み出せなくなってしまうと思うんですね。あと、「自分の一番の味方は自分なんだよ」とお伝えしたいです。ただ、実のところ、自分の意思と自分の身体は別もので、身体は、意識や意思に一生懸命ついていこう、応援しようとしてくれているけれども、私たちはそれに気づかず、自分の身体を一番粗末に扱っていたりします。他人にどう思われるか、他人がどうして欲しいかに注目するのではなく、自分がどうしたら喜ぶか、自分がどうしたいかに注目したら、一歩を踏み出すことができるんじゃないかなと思います。安心して進んで大丈夫なんですよ!

山﨑さんその4山﨑さんとのお話を通じて、たくさん元気をいただきました!大変貴重なお話をありがとうございました!

―――――――――――――――――――――――
【プロフィール】
山﨑 直子
法政大学社会学部卒業後、1992年に三菱信託銀行入社(現 三菱UFJ信託銀行)。富裕層の顧客を担当し、遺言書の作成、執行をはじめとして相続対策および資産管理と運用に従事。2007年、UBS銀行に転職し、現在UBS証券株式会社ウェルス・マネジメント本部東京第一営業本部部長。プライベートバンカーとして国内における超富裕層の資産管理を行うと同時に、社内のボランティア活動の中心的な役割を果たしている。2012年には年間400時間以上の活動を認められ、「Global Employee Volunteering Award」を個人として受賞。2019年には会社に対して副業を申請し、自身で合同会社NOKs Laboを設立。エグゼクティブコーチとしても活動している。